フィリピン留学で英語を学ぼう http://cublogs.org Thu, 20 Aug 2015 08:40:03 +0000 en hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.3.1 カナダ留学に関する説明 http://cublogs.org/?p=50 http://cublogs.org/?p=50#comments Thu, 20 Aug 2015 08:40:03 +0000 http://cublogs.org/?p=50 カナダ留学の人気としては現地の学校等が外国人の受け入れ制度が整えられている場合が多いと言うことです。

元々多民族性の強い国でもあり、キャンパスでは様々な言語で国際色豊かなやり取りが交わされています。そのおかげで、現地の大学で留学生を支援する制度などが充実している事も注目点の一つです。それに加えて、カナダは治安の良いことでも知られており、国民性も穏やかで友好的なので知られています。語学留学の場合は現地の人と話すことも大事になりますので、話しやすいと言うのは大事なポイントです。

物価なども比較的安いので自分でご飯を作る等工夫をすれば、生活費を抑える事ができます。自然にも恵まれている国なので、風景も楽しめます。カナダ留学のデメリットとしては人気のある留学先なので日本人同士で行動するようになってしまうようになる可能性があると言うことです。これを避けるためには事前に英語の勉強を確実に行っておき、自分から現地の人と積極的に交流を図る事が肝心です。

または、日本人の少ない都市に留学すると言う選択肢も有ります。余り有名ではない所でも授業のカリキュラム等が優れている場合もあります。カナダ留学を考えている場合は自分が何を目的で留学をしたいと考えているのかを明確にした方が無難です。独自の文化に興味があるのか、それとも語学を勉強する為なのかによっても行動は変わってくると思います。上記に紹介したメリット、デメリットを踏まえて、よく検討するのをお勧めします。

]]>
http://cublogs.org/?feed=rss2&p=50 0
カナダ留学でのホームステイ http://cublogs.org/?p=45 http://cublogs.org/?p=45#comments Fri, 17 Jul 2015 10:34:06 +0000 http://cublogs.org/?p=45 私は中学三年生の際にカナダ留学を行いました。日本での夏休みの時期に行きました。

その頃のカナダの天候は朝は寒く、昼間は半袖でいられるほどの熱さと日の強さでした。服装は日本でいう春の終わりごろの洋服をもっていけば、ちょうどいいです。また、日が落ちるのが19時ごろなのでとても一日が長く感じられます。カナダの街並みは本当にきれいで一軒一軒が大きく、大体の家にプールがついています。カナダは広いので土地が多くあるのです。これはカナダ留学を行って実際に目で見たほうが実感できます。そして食事について、基本朝食はコーンフレークです。

そして昼食はサンドイッチか果物。私がカナダ留学の情報について知ったことは、学校でリセスタイムをいうものがあり20分間ほどの休み時間がもうけられ、みんなでお菓子やサンドイッチを食べるのです。日本でいうおやつのようなものです。そして13時ごろにお昼休みがあり、お弁当を食べます。人柄に関しては、みなとてもフレンドリーで活動的です。

しかし、外国人ならではの大雑把な面があり、スーパーマーケットなどに行ってみると普通に袋が開封されてあるお菓子が売っていたり、フランスパンがそのまま置いてあったりしました。またカナダ特有の英語のなまりがあり少々聞き取りにくい部分もありますが、日本人に対してはゆっくりしゃべってくれるので問題はないです。1週間ほどいると耳がなれてきて、2週間目には容易に聞き取ることができるようになります。

]]>
http://cublogs.org/?feed=rss2&p=45 0
雄大な自然下でのカナダ留学 http://cublogs.org/?p=39 http://cublogs.org/?p=39#comments Wed, 24 Jun 2015 02:49:53 +0000 http://cublogs.org/?p=39 世界の共通語である英語の需要は衰えることなく、いずれは仕事をする上で英語が話せるのは当然の時代になる可能性もあります。

実際、日本の企業でも社員の英語教育に熱心な場合もあり、以前と比べると英語を学習する環境は恵まれています。しかし、英語を学習する上で最も理想的なのは英語に囲まれた環境に身を置くこと、すなわち海外留学をすることと言えます。英語のための留学と言えば、アメリカやイギリスを思い浮かべる人が多いでしょうが、カナダ留学も非常に魅力的な選択肢です。

なぜなら、カナダにはアメリカやイギリスに劣らない、むしろ両国よりも魅力的な点があるからです。 第一に、カナダにはカナディアンロッキーを始めとした、非常に雄大で魅力的な自然環境があります。いくら勉強のためと言っても、毎日机の前にかじりつく訳ではなく、学校でできた友達と出かけることは多くあります。その際に、カナダの雄大な自然に触れることは日本ではできない経験の一つで、わざわざカナダ留学をした甲斐のある経験となり、また勉強をする上でのリフレッシュにもなります。

第二に、アメリカやイギリスと異なり、カナダは公用語に英語とフランス語の2つの言語を採用しており、英語学習のついでにフランス語にも触れることができます。近頃は、英語ができる人は珍しくなくなりましたが、英語の他に別の言語を話せる人は少数です。そのため、少しでもフランス語を話せるようになることは、留学の成果として非常に魅力的であり、カナダ留学のサポートの魅力の一つとなります。

]]>
http://cublogs.org/?feed=rss2&p=39 0
フィリピン留学で生まれ変わりましょう http://cublogs.org/?p=35 http://cublogs.org/?p=35#comments Fri, 22 May 2015 09:54:47 +0000 http://cublogs.org/?p=35 英語を話すことができれば、ある意味では生まれ変わることも可能です。

世界共通語として知られている英語をマスターすれば、世界中で友達を作ることができ、それはすなわち自分の可能性を大きく広げることにもつながります。フィリピン留学には、その可能性を手に入れるきっかけがたくさんあると言えるでしょう。興味がある人は、ぜひともチャレンジしてみることを強くお勧めします。非常にたくさんの選択肢の中でも、オススメの選択肢の1つだと言えるでしょう。

もちろん、英語は自分でも勉強できますし、国内の英会話スクールに通う事でも鍛えることができます。しかし、実際にネイティブスピーカーと一緒に暮らして、耳を鍛えることができることを考えれば、絶対にフィリピン留学をして、自分を鍛えあげるようにした方が良いでしょう。しかも、フィリピンは、発展途上国と言うことで、非常に現地の人もリーズナブルです。

あまりお金を作ることができないと言う人も簡単に参加することができる留学の1つなので、ぜひとも予定を立ててチャレンジしてみるようにしましょう。今後、グローバル社会はますます広がりを見せるようになります。国境などほとんど関係なくなってくるので、今のうちにフィリピン留学の口コミをチェックして、ハイレベルな英語を身に付けておくことには大きな意味があると言えるでしょう。ワールドワイドな活躍したいと考えているならなおのこと、海外での英語の勉強は、前向きに捉えておきたいところです。

]]>
http://cublogs.org/?feed=rss2&p=35 0
フィリピン留学をしてみましょう http://cublogs.org/?p=28 http://cublogs.org/?p=28#comments Fri, 17 Apr 2015 08:23:39 +0000 http://cublogs.org/?p=28 英語を本格的に学びたいと思っているのであれば、フィリピン留学をお勧めします。なかなか難しいと思うかもしれませんが、実際には非常に簡単です。

インターネットを利用して調べてみれば、語学学校がどれだけリーズナブルかがよくわかるでしょう。旅行費用などを考えても、フィリピンは非常に近いところにあるので、そこまでお金がかからないといえます。予算を作ることができない人はベストな選択しになり得るものです。これからは、英語を話すことができて当たり前の時代に突入します。英語は世界共通語として知られており、ビジネスの世界でも十分に必要とされる語学となりました。

そういったことを考えればなおのこと、早い段階でフィリピン留学をして、身に付けておいた方が自分のためにもなるのです。他の国に留学をすると言う手段もありますが、なかなかコストがかかってしまいます。とにかくリーズナブルにできると言うのも魅力ですし、現地で勉強する時も、フィリピンの物価そのものが安いため、さらに出費を抑えながら勉強に集中することができるようになります。

フィリピン留学を早い段階で行っておけば、海外の空気を知ることができて、それがまさに自分に自信をつけることにもつながるでしょう。フィリピン留学を経験すれば、ネイティブスピーカーに囲まれて生きた英会話を身につけることができるようになります。それは就職でも非常に大きな武器となるものです。興味がある人は前向きに捉えておきましょう。

]]>
http://cublogs.org/?feed=rss2&p=28 0